金買取には身分証明書の提示が求められます。

例えば、運転免許書、写真つき保険書、またはパスポートなどを提示します。

なぜ必要かと言いますと、金買取店は古物営業法と関係があります。

金だけに関わらず、中古品の買取をする場合、法律上、身分証明書の提示を義務つけているという法律があります。

これは窃盗され商品の売買防止のため、あるいは窃盗品の迅速な発覚を目的としています。

それで、金が本物かどうかはもちろん、窃盗したものであるかどうかを見極め、もし窃盗したものであるならばその犯人確保のために、身分証明書の提示が求めらるというわけです。

こちら側としては、自分で買ったものだから間違いないと思うわけですが、お店側としては事情は全く分かりませんので身分証明書の提示を求めるでしょう。

しかし最近では、宅配での金買取などもあり、手続きがより簡素になって、お店によっては身分証明書が要らないところも出てきました。

急ぎで金を売りたいときなどは、そういうお店のほうが便利かもしれません。

お店によってはスピード買取を売りにしている所もあります。

金買取店は増えてきていますので、それぞれのお店には特徴があり、自分の目的と合うお店を選ぶようにしましょう。

急いでいるのか、高価格で買い取りしてもらいたいのか、自宅に取りにきてほしいのか、それぞれ事情は異なると思います。

それで自分の目的をはっきりとさせたうえで、それに合うお店を選ぶようにしましょう。